ロコマリンサービス_沖縄のダイビングショップでダイビングやシュノーケリング

11月の沖縄

11月画像

カエルアンコウ

※上の画像をクリックすると拡大表示されます。

台風が通り過ぎるたび気温と水温がぐっと下がっていきます。
北風が吹く日が増え、防寒対策が必要です。
晴れると暖かくTシャツ短パンでも大丈夫な日があり気温の差があります。

日の出 06:38
日の入り 17:48
最高気温 24.6℃
最低気温 19.9℃
平均気温 22.1℃
水温 24℃前後
洋服 ジャケット、パーカー、フリースなど
風向き 北より
スーツ 5mm以上&フードベスト

<→11月の海日記はこちら

□■見どころ&食べごろ

  • 海ブドウのおいしい時期になります。基本的に養殖されているので年間通して出荷されていますが、
    海ブドウの育つ適温は水温15~28℃とされており、夏の暑い時期また冬の寒い時期は房が痩せてしまいます。
    よって海ブドウの旬は春と秋になります。
  • 7月から酢の物用、緑のシークヮサーが出ます。黄色く熟した生食用は12月~2月がシーズンです。

【イベント】

ツール・ド・おきなわ

壷屋陶器まつり

沖縄国際カーニバル

【オススメ道の駅】

1位 おんなの駅(恩納村)
青の洞窟に近くランチも可能
2位 うまんちゅ市場(糸満)
那覇から一番近い品物が豊富に揃っている道の駅
3位 許田の道の駅(名護)
沖縄ではここの宝くじ売り場が一番当たるとの噂

■□ダイビング

11月に入ると観光シーズンも終わり、ゆっくりダイビングを楽しむ事ができます。
気温は下がりますが、水温は夏の名残があるため暖かくリピーターファンダイバーの季節となります。
カエルアンコウの赤ちゃんも現れ始めます。

【メリット】

一店舗あたりに来店されるお客様が少ない為、インストラクターを貸切できる日もしばしば。ゆっくりダイビングを楽しむ事が出来ます。
オフシーズンの為、ツアー料金を値下げしている場合が多いです。

【デメリット】

肌寒くなるため、防寒対策が必要です。
ウミガメと出会える確率は夏場に比べて下がりますが、まれにウミガメポイント以外で遭遇できる事もあります。

【ダイビングに行く服装&持ち物】・・・注)お申込みされるお店によって持ち物が変わりますのでご参考まで。

ウインドブレーカー、パーカーやフリース、長ズボン、サンダル、靴下、あればレッグウォーマー。ハナオサンダルの場合は、5本指ソックスがオススメです。水着、下着、日焼け止め、バスタオル、カメラ、サングラス、帽子、酔い止め、ビニール袋、女性は髪ゴム、化粧水など。

【ダイビングスーツ】

5mm以上のウエットスーツ&フードベスト。ボートの上ではボートコートは必要。

★年間カレンダー★

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
沖縄の気候 昼の服装 気温(℃) 19.5 19.8 21.7 24.1 26.7 29.4 31.8 31.5 30.4 27.9 24.6 21.2
夜の服装 気温(℃) 14.6 14.6 16.5 19.0 21.8 24.8 26.8 26.6 25.5 23.1 19.9 16.3
降水量(mm) 107.0 119.7 161.4 165.7 231.6 247.2 141.4 250.5 260.5 152.9 110.2 102.8
ダイビング
風向き
水温 20℃ 20℃ 20℃ 23℃ 24℃ 24℃ 28℃ 28℃ 28℃ 26℃ 24℃ 22℃
スーツ 5mm
以上
+
フード
ベスト
or
ドライ
スーツ
5mm
以上
+
フード
ベスト
or
ドライ
スーツ
5mm
以上
+
フード
ベスト
or
ドライ
スーツ
5mm
以上
+
フード
ベスト
or
ドライ
スーツ
5mm







5mm







3mm







3mm







3mm







5mm







5mm
以上
+
フード
ベスト



5mm
以上
+
フード
ベスト
or
ドライ
スーツ
サンゴの産卵
イソマグロ
ギンガメアジ
ウミウシ
コブシメ
ウミガメ
ザトウクジラ

タンカン
シークワサー
島ニンニク
もずく
アーサー
アップルマンゴー
キーツマンゴー
パパイヤ
島らっきょ

カンヒザクラ
ひまわり
ケラマつつじ
テッポウユリ
デイゴ
月桃
サガリバナ
ハイビスカス
ブーゲンビリア
あじさい
ドラゴンフルーツ
島バナナ
パインアップル
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月